読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/12/01金沢市・卯辰山公園

金沢市街の東に位置する、卯辰山(うたつやま)に登りやした。登山は登山ですが、標高は141m*1なのでわりと気軽に行ける感じです。

この日は曇り時々小雨。この時期になるともう天気は選んでいられません笑

f:id:nopio683:20161206222213j:plain
スタートは山の南側にある「もりの里」地区。前に見えるのが卯辰山でござい。

道中おもに進むのは鈴見台(すずみだい)地区。この鈴見台には1丁目から5丁目まであり、概ね数字が大きくなるほど高度が増すような感じ。

f:id:nopio683:20161206222232j:plain
▲4丁目より。ここまで来るとずいぶん広く見渡せるように。

f:id:nopio683:20161206222254j:plain
標高120m超、健康交流センター千寿閣(せんじゅかく)前に到達。
金沢駅卯辰山にはバス路線もありまして、その起終点はここ。例によって帰るときに乗りました。

標高的にはほぼ上がりきりましたが、今回のゴールまではもうちょい歩きます。

f:id:nopio683:20161206222316j:plain
軽い運動ができる広場を通過。

f:id:nopio683:20161206222405j:plain
歩道はこんなふうなのがあったりなかったり。

f:id:nopio683:20161206222417j:plain
県立卯辰山相撲場入口。心技体。

金沢城が見下ろせることから江戸時代は一般の登山が禁じられていたという卯辰山ですが、戦後には様々な施設が置かれるようになり、各種イベントも行われるようになりました。

f:id:nopio683:20161206222439j:plain
今回は行きませんでしたが「400年の森」も気になります。
数値がついた森の名を聞くのはたぶん100エーカー以来。

f:id:nopio683:20161206222450j:plain
千寿閣を出てこっちルートを行くバスが最初に迎える停留所「卯辰山公園口*2」。
R159の卯辰トンネルは徒歩でも通ったことがあるんですが、このバス停付近がちょうどその真上っぽい。

f:id:nopio683:20161206222500j:plain
よし、展望台発見。存分に見渡してやろうではありませんか。

 

◎見晴らし台

f:id:nopio683:20161206222511j:plain
見晴らし台入口付近には「卯辰山公園」バス停。
ただし、千寿閣→金沢駅方向限定の停留所みたいです。

f:id:nopio683:20161220184623p:plain
おもっきし木に遮られるトコも有れど、市街地を広く見渡すことができました。

f:id:nopio683:20161220184621p:plain
1枚目の写真の撮影地点である歩道橋も見えました。直線距離約1.2km.

f:id:nopio683:20161220184601p:plain
こちらは特徴的な地形。
左下を流れるのは浅野川、右奥の大きい建物は金沢大学付属病院。

f:id:nopio683:20161206222736j:plain
…上の羽みたいのが動いてる。なんだこれわ。

f:id:nopio683:20161206222958j:plain
これも作品なのね…

f:id:nopio683:20161206222710j:plain
人はおらず静か。直後に3人組が来たぐらいでした。

f:id:nopio683:20161206223138j:plain
この日の金沢の最高気温は17.5℃.まだ秋って感じでしたね。

次行ってみよう。

◎マッチの碑

f:id:nopio683:20161206223430j:plain
ほほう、マッチとな。近藤真彦って金沢ゆかり有ったっけ。

f:id:nopio683:20161220184548p:plain
ん?清水誠先生?

f:id:nopio683:20161206223444j:plain
"日本マッチ産業の創始者 清水誠先生"

こういうことでした。
先生もこの名前ならニックネーム「マッチ」アリなのでは。

徳田秋声文学碑&望湖台

目的地最後の2つへ。
まずは金沢出身の作家・徳田秋声(1872-1943)の文学碑。

f:id:nopio683:20161206223200j:plain
最初これか?って思ったけど違いました。
こちらは1972~1978年に金沢市長を務め、同市の名誉市民にもなった岡良一(1905-1994)の碑。
"夢を見ることのできない人は 明日を生くる力がない"

f:id:nopio683:20161206223342j:plain
こちらが徳田秋声文学碑。
文学碑まで10m、なんて看板があったのにしばらく迷ったのは内緒だ。

f:id:nopio683:20161206223404j:plain
この3枚は、同じく金沢出身・室生犀星(1889-1962)の筆による秋声の略歴。
1947年に記されており、日本の文学碑第1号とされているんですってよ。

f:id:nopio683:20161206223353j:plain
こちらは秋声自筆の碑文。
"書を読まざること三日、面に垢を生ずとか、昔しの聖は言ったが、読めば読むほど垢のたまることもある。体験が人間に取って何よりの修養だと云ふことも言はれるが、これも当てにならない。むしろ書物や体験を絶えず片端から切払ひ切払ひするところに人の真実が研かれる"

f:id:nopio683:20161206223211j:plain
望湖台(ぼうこだい)もそのすぐ近く。再度街を一望してみます。

f:id:nopio683:20161220184556p:plain
雨が降り出したこともあって視界微妙ですが、金沢駅日本海方向。
一番高いビルが、金沢駅前に建つ「ポルテ金沢」(高さ130m:石川県1位)。やっぱ西寄りの方向は望湖台、南寄りの方向は見晴らし台で眺めるのがよさげみたいですね。

f:id:nopio683:20161206223318j:plain
文学碑付近のトイレ前にて。子猫がいるみたいですが、注意書きを見るにその姿はお目にかかれなさそう。

f:id:nopio683:20161206223109j:plain
以上をもちまして、望湖台停留所よりバスで下山。
反対方向はちゃんと望湖台のそばにあるのに、こちらは100mほど遠い…

◎そんなわけで

碑の多い公園だけあって、文学には疎いながらもいろいろと知ったことが多かったですね。編集時に調べる量もいつもよりだいぶ増えて。書を読まざること三日どころではない自分ですが、少しずつ改めていきたいと思ったり。

来る時間が微妙に早かったのと雨強まるかもってので今回は断念しましたが、ここは夜景も綺麗に見えるらしいのでいつか狙ってみようかね。

f:id:nopio683:20161226170841p:plain
▲今回の歩行ルート。
(距離めやす:卯辰トンネル全長約1.2km、歩行ルート全長約4km)

f:id:nopio683:20161226170839p:plain
ちょい拡大。細かいですが千寿閣行きの方の望湖台バス停は「声」の字のあたり。

 

【乗車】
北鉄バス 90.卯辰山
 望湖台15:29→15:56金沢駅 310円

 

もう1つ程と思ったけど、おそらく今年最後のエントリです。ペース取り戻したいなあ

*1:ほぼ100√2mですな(超蛇足)

*2:旧称:ユースホステル前。そのYHは2015年閉館